【本音口コミ】失敗だらけの抱っこ紐選び|全8種類使った私が選ぶ「おすすめ3選」

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

ママ
ママ

抱っこ紐ってどれがいいのかな?

ママの必需品「抱っこ紐」。欲しいけどたくさん種類があってどれにするか迷いますよね…。

私も色々調べて買ったものの、なかなか満足するものに出会えず、次から次へと新しいものを買い、結局7個も抱っこ紐を購入してしまいました…

たま
たま

大失敗…。もったいない…

この記事では、私が購入した抱っこ紐についてレビューしていきます!

この記事はこんな方におすすめ
  • 失敗のない抱っこ紐選びをしたい方
  • 抱っこ紐のリアルな口コミを知りたい方
  • 結局どの抱っこ紐がおすすめか知りたい方

私が使った抱っこ紐

  1. konny(コニー)オリジナル
  2. konny(コニー)サマー
  3. キューズベリー ZERO
  4. キューズベリー NICO
  5. キューズベリー TYPEⅡ
  6. エルゴ
  7. kerata(ケラッタ)ヒップシート
  8. POLBAN(ポルバン )アドバンスヒップシート

抱っこ紐の満足度

それぞれの抱っこ紐の満足度はこんな感じ!

満足度
konnyオリジナル
 (3)
konnyサマー
 (4)
キューズベリー ZERO
 (1)
キューズベリー NICO
 (2)
キューズベリー TYPEⅡ
 (2)
エルゴ
 (4)
ケラッタ ヒップシート
 (5)
ポルバン アドバンス ヒップシート
 (3)

星5つはケラッタのヒップシートのみ

たま
たま

それでは、この8つの抱っこ紐についてレビューしていくよ!

konny(コニー)抱っこ紐

オリジナルサマー
価格5,880円
※2021年8月時点
5,880円
※2021年8月時点
使用時期生後1〜3ヶ月生後1〜3ヶ月
コスパ良い良い
付けやすさ付けやすい
慣れれば10秒
付けやすい
慣れれば10秒
肩腰への負担5kg越えるときつい5kg越えるときつい
暑さ夏場は暑い夏場でも快適
評価
konnyレビュー

新生児期の抱っこ紐としてはkonnyはヘビロテしたので満足度は高めです。
赤ちゃんとの密着感があるので赤ちゃんも気持ちがいいのかスヤスヤ眠ってくれました。お部屋の中での寝かしつけに重宝しました。

konnyのメリット・デメリット

いいところ

  • 装着が簡単、スピーディー
  • 赤ちゃんの寝かしつけに活躍
  • 軽くて持ち運びしやすい
  • 新生児期にはgood

残念なところ

  • 腕が上げられない
    腕を上げると抱っこ紐がズレる
  • 動き回ると危ない
  • 上からコートが着れない
  • 使える期間が短め

konnyが合うのはどんな方?

konnyはおうちの中で抱っこして寝かしつけしたい方に合うと思います。
konnyは「ほぼ布」なので、赤ちゃんはママに優しく抱っこされているような感触なのか?気持ち良さそうでした。なのでスヤスヤ寝てくれます。

ただ、お母さんが腕を上げたり下ろしたり動き回るとズレてくるので、赤ちゃんを抱っこしたまましっかりと家事や育児をしたいママには危ないかもしれません。しっかり動きたいママや二人目ママにはkonnyよりもベビービョルンMINIの方が合うと思います。

オリジナルとサマーどちらがいい?

オリジナルもサマーも使いましたが、私はサマータイプの方が好きです。サマータイプの方が生地が伸びすぎず安定しやすかったです。暑くなくて生地も安定感があり赤ちゃんを抱っこしやすい♡

キューズベリー 抱っこ紐
(ZERO /NICO /TYPEⅡ)

ZERONICOTYPEⅡ
価格
(税込)
12,980円
2023年2月時点
27,500円
2023年2月時点
33,000円
※販売終了
使用時期新生児〜12ヶ月生後4〜24ヶ月生後4〜24ヶ月
コスパ悪い悪い悪い
デザイン性おしゃれおしゃれおしゃれ
付けやすさ付けやすい付けやすい付けやすい
肩腰への負担肩腰痛い負担あり負担あり
暑さ夏場は暑い夏場は暑い夏場は暑い
おんぶ対応できないできるできる
評価

産後子育てに悩み、youtuberのHISAKOさんの大ファンになりました。
そのHISAKOさんがおすすめしていた抱っこ紐を全てGET!これで抱っこ紐問題は解決♡と思っていたのですが…

たま
たま

なんかイマイチ?…

後から調べてみると、HISAKOさんがおすすめしていたキューズベリー の抱っこ紐はHISAKOさんの親族が経営している会社のものでした…。HISAKOさんの言葉に嘘はないと信じたいですが…。
私はキューズベリーのものは合わなかった(価格の価値を感じなかった)ので残念です。

たま
たま

約7万円も使ったのでショック…

キューズベリーのメリット・デメリット

キューズベリーはデザイン性はいいのですが、海外製のものと比べると肩腰の負担が大きいです。キューズベリーを使った後に、ベビービョルンやエルゴを試したらなんと楽なことか!と驚きました。

正直、キューズベリーをあの値段で買うなら、海外製のベビービョルンエルゴを買った方がいいかと思います。

キューズベリーについては以下の記事に詳しく書きました。知りたい方はどうぞ!

★ZERO→こちら
★NICO→こちら

エルゴ 

私は小柄なので海外製のものは合わないと決めつけていたエルゴでしたが、帰省中に姉のお下がりを使ってみてびっくり!

姉のお下がりのエルゴ

姉のエルゴは5年前のものだし(もう型番もわからないほど昔のもの)キューズベリーに勝てるわけない!と思っていたのですが、エルゴの方が安定感があって肩腰の負担が少ないのですっかりエルゴのファンになりました。

たま
たま

5年前のエルゴで十分な感じ。最新作だったらどれだけ快適なんだろう。

その後、お友達の最新型のエルゴ【オムニ360クールエア】を借りて試してみましたが、これまたびっくり!新生児から使えるしめっちゃ安定感があるし肩腰超楽だしメッシュだし最高すぎる。

友達は楽天で25,000円くらいでGETしたとのこと。(キューズベリーTYPEⅡの33,000円より安いじゃないかー。泣)

最初からエルゴを買っておけば、抱っこ紐7個も買わずにこれ一つで済んだんじゃ…涙
大人気のエルゴ。やはり売れているものは理由がありますね。

もし時を戻せるなら迷わずエルゴの最新作【オムニブリーズ】を買います!

ケラッタ・ポルバン ヒップシート

ケラッタポルバン
アドバンス
価格3,580円
※2023年2月時点
9,900円
※本体のみ
※2023年2月時点
使用時期生後6〜36ヶ月生後4〜24ヶ月
コスパ良い悪い
付けやすさ付けやすい付けやすい
肩腰への負担負担少なめ負担少なめ
暑さ夏でも快適夏でも快適
評価
konnyレビュー

生後半年になり体重が5kgを超えてくるとkonnyでは肩腰が限界を迎えました…。そしてキューズベリーのZEROも合わず…。抱っこ紐にもうお金は使いたくない…。肩腰楽で夏場でも快適な抱っこ紐はないものか?と探していた時に出会ったのが、

ケラッタのヒップシート!

3,000円代だから激安!ダメでもともと精神で買ってみたらめちゃくちゃよかった♡

そしてケラッタのヒップシートを生後半年から一歳まで使いまくったら、使いすぎたのか?腰ベルトのメッシュの接着が弱くなってしまったのでヒップシート代表格のポルバンアドバンスを購入。

ケラッタのメリット・デメリット

いいところ

  • 夏場に最適
    (背中部分がメッシュで涼しい)
  • 少ないパーツで取り付け簡単
  • 肩腰の負担が少ない
  • コスパ良すぎ

残念なところ

  • 100回くらい使うとメッシュの接着力が弱くなる
  • デザイン

ケラッタは「生後半年〜1歳くらいまで&使用時期は夏」がベストなタイミングだと思います。

腰ベルトだけでなく、背中のメッシュもついた抱っこ紐タイプを使用するのがおすすめ(肩腰の負担がグッと軽くなります)

背中メッシュの抱っこ紐タイプがおすすめ

ポルバンアドバンスのメリット・デメリット

いいところ

  • 座面がちょうどいい大きさ
    (ケラッタよりも小さめ)
  • 座面が滑り止め付きで安定感あり
  • メッシュの音が静か

残念なところ

  • コスパが悪い
  • 抱っこ紐パーツが小さすぎる
    (抱っこ紐としては不安)

ケラッタでヒップシートの魅力に気づき、ヒップシート代表格の【ポルバンアドバンスのヒップシート】を購入しました。

ケラッタの約3倍のお値段がするんだから、かなり良いものなんだろうな♡と思っていましたが、お値段なりの価値は感じず…。ケラッタのコスパの良さを改めて実感してしまいました。

ポルバンアドバンスは腰ベルトだけで使うのにはいいですが、抱っこ紐としても使おうと思うと不十分でした。
抱っこ紐部分(ショルダー部分)の面積が小さいので赤ちゃんが落ちやすい。。。ヒップシートに乗る頃の赤ちゃんは動き回るのでこのショルダーだと危ないと感じました。

ただ、腰ベルトだけで使う分にはケラッタよりも安定感があり、体重の重みも支えられている感じがあり、ヒップシート単体として使う分には◎。

こんな感じ

↓赤ちゃんの上半身半分がショルダー部分から出てしまいます。。。赤ちゃんが落ちる危険性を感じるので両手で支えてしまい、ママの両手が使えません。

ポルバンアドバンスのヒップシートは、腰ベルトだけでの使用がおすすめです!

結局どの抱っこ紐がおすすめ?

時を戻せるなら、私はこれを買います!

  1. エルゴオムニブリーズ:メイン用
  2. konny(コニー)サマー:新生児寝かしつけ用
  3. ケラッタ ヒップシート:真夏用

新生児から使えるエルゴオムニブリーズをメインにして、konnyは新生児寝かしつけ用、ケラッタは真夏の暑さ対策用に使います。

エルゴオムニブリーズ:メイン使い

メイン使い用はエルゴにします。

小柄だから海外製の抱っこ紐は合わないと決め付けて最初からエルゴを買わなかったことを大反省…。

色々使ってみてわかったけど、やはりエルゴはすごい!しかも最新型の【オムニブリーズ】はまた機能面が進化して使いやすそう。

デザインはゴツゴツしているけど、肩腰の負担の軽さや機能性を考えるとエルゴに勝てるものはないかと!やっぱりあれだけ売れているのには理由がありますね。

エルゴの最新作【オムニブリーズ】

konny(コニー)サマー:新生児寝かしつけ用

konny(コニー)は新生児用の寝かしつけ用として使います。

新生児の時の抱っこ回数の多さを考えると、さっと付けられてスヤスヤ寝てくれるものがあると便利。

コニー抱っこ紐楽天市場店
¥4,880 (2023/02/13 12:34時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

kerata(ケラッタ )ヒップシート:真夏用抱っこ紐

kerataは真夏用の抱っこ紐として使います。背中の部分がメッシュなのでかなり暑い日用に。生後6ヶ月〜1歳くらいまでの時期が真夏と重なる赤ちゃんがいる方にはおすすめ。(逆に冬場は寒いかも)

kerata(ケラッタ)
¥3,280 (2021/08/12 15:05時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どの抱っこ紐がいいのかわからず、結局こんなにたくさんの抱っこ紐を買うことになってしまいました…。

たま
たま

トータル10万以上使ってしまった…

無駄遣いしたなーと後悔だらけですが、このブログで紹介することで、この残念な気持ちを成仏させたいと思います。

失敗だらけの抱っこ紐選びでしたが、この記事が皆さまの抱っこ紐選びの参考になりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA